大家になるには|人生の成功者になれる一棟マンション投資術

人生の成功者になれる一棟マンション投資術

メンズ

大家になるには

マンション

投資用マンションの運用で資産家になったサラリーマンはたくさんいます。これらの人たちには共通点があります。それは、投資用マンション等の収益物件の購入を継続的に行っているということです。つまり、1億円や2億円のお金があって、一気に複数戸の投資用マンションを行ったわけではありません。1戸や2戸の投資用マンションの購入から始めて、徐々にその数を増やしています。そして、あるタイミングで、まとまった戸数を購入したり、1棟アパートを購入したりしているのです。これができるのは、投資用マンションでの資産運用はローンを組めるからです。保有する不動産が増えれば増えるほど、信用力も増し、ローンを組める額も大きくなっていきます。

不動産投資は利回りで考えるので、運用資産が大きくなればなるほど、収入は増えます。いかに運用資産を大きくするかが重要になってくるわけです。ローンを利用すれば、自己資本以上の運用が可能になります。但し、借りすぎには注意をしましょう。総資産の半分くらいを目安にするとよいでしょう。上場不動産投資信託においても、ローンの割合を40%から60%に設定している銘柄がほとんどです。不動産のプロの投資手法を参考にして、自分の投資戦略を組み立てていきましょう。そのためにも、まずは1戸の投資用マンションを手にしてみて、家賃収入を得るという実感を味わってみることをお勧めします。不動産投資は始めてみると、意外にも簡単なものです。